50代から考えるセカンドキャリア!失敗しないためには?成功のコツは?

転職

50代のセカンドキャリア・失敗しないための注意点と成功のコツ!

お困り父さん
う~ん、これから先、どうしよう…
セカンドキャリアって良く聞くけど…
50代にもなって新しいことなんて…失敗するかもしれないし…

もっと前から準備しておけばよかった…

40代後半や50代のアラフィフになってこんな風に考える人が多いのですが、今からでもしっかりと今後の自分のことを考えて行動すれば大丈夫。

問題は「何もしないこと」です。

この記事でわかることは、

50代のセカンドキャリアを今から考えることで不安がなくなる

50代のセカンドキャリアを失敗しないための注意点

50代のセカンドキャリアを成功させるためにやっておくべきこと

この記事を読んで、50代からのセカンドキャリアを失敗しないための注意点と成功のコツを見つけてください。

50代からのセカンドキャリアを考える

中年男性

長年、働いて今まで気づいたキャリアの延長線上で考えるのも一つの方法ですが、今まで経験のないまったく違う業種や業界で仕事を得るという考えもあります。

まったく未知数の世界に飛び込むのは勇気が必要かもしれませんが、ご自分のキャリアを踏まえてよく考えてください。

会社のためなのか、自分のためなのか、人生100年時代になった今は今後の人生をより豊かにする手段として真剣に考える人が多くなってきています。

セカンドキャリアの意味

セカンド(第2)と言ってもこの時代では転職の2、3回はあたりまえになってきています。

ここでのセカンドキャリアは、50代であなたが真剣に考えている次のステージのことと定義します。

年代別にセカンドキャリアの目的は違う

セカンドキャリアは年代によっての意味やその目的が違ってきます。

30代はスキルと可能性を試すセカンドキャリア

  • 自分の可能性を試したい
  • スキルをさらに身につけたい
  • 他のことも経験してみたい

40代は長期的な視点で行動するセカンドキャリア

  • 将来のための挑戦
  • 自分の経験を活かしたセカンドキャリアを模索
  • 今後の社会人生活(約20年)をどう過ごすか?

50代は今までの自分を見つめ直すセカンドキャリア

  • 定年後を見据えて自分を見つめ直す
  • 自分が優先したいことは本当は何だったのか?
  • 今までの経験を活かせる仕事を続けたい
  • セカンドキャリアは、未経験のあらたしいことに挑戦することも

50代のセカンドキャリアを失敗しないための注意点3つ

以前は、「定年まであと何年働いたら、あとは悠々自適な年金生活が待っている」と思っていた人も多いでしょう。

しかし、現在の状況はそうではありません。

その証拠に、厚生労働省が全国300カ所のハローワークに「生涯現役支援窓口」を設置しています。
その内容は、55歳以上からの支援で特に65歳以上を重点的に就職のサポートしています。

体が動くうちはしっかり働いてくださいと、国から言われているのでその準備が必要なのです。

 

生涯現役支援窓口

出典:厚生労働省 生涯現役支援窓口の案内

 

ということで、50代からのセカンドキャリアのための注意する点を考えていきましょう。

まずは自分の棚卸し

リクルートエージェント

出典:転職エージェントならリクルートエージェント 自己分析セミナー

自分の棚卸しって?と思われる方もいると思いますが、実はコレほとんどの人がわかっていないのです。

つまり自分をあまりわかっていない。

これはすごくもったいないことですし、怖いことでもあります。

自分について

  • 何ができて(得意、専門的)
  • どんな経験があって
  • これからやりたいことがあるのか?
  • 自分の強みや弱みは?

を整理してみましょう。

わからない人は、無料で自己分析をしてくれるセミナーなどもあるのでまずは登録してみるのもおすすめです。

リクルートエージェント|転職支援サービスの新規会員登録

今の会社の看板を捨てた時に残るものは?

転職など、自分のセカンドキャリアを考えるときに重要なことがあります。

それは、「〇〇株式会社で勤務していました」ではなく、「在職中は〇〇をしてきました」が大事。

そう、「どこにいたか?」ではなく「何をしてきたのか?」が評価の基準になります。

これは、SNSやブログでも同じで、あなたのことを知らない人は今までの肩書だけでなく、その人の言動を注意深く見てあなたを判断しています。

あなたは今までの肩書や所属している会社、それ以外で自分に残るものがありますか?

 

今より規模が小さい会社だったら「自分のノウハウ」が活かせるかも…は間違い

ある程度の会社規模で役職を担っていた人が、セカンドキャリアとして選ぶ先に「今より規模が小さい中小企業」があります。

多くの人が、さらに大きな規模の会社に転職できるのではありませんので、中小企業を選ぶことが間違いではありません。

ここでの失敗パターンは、「自分の経験やノウハウは中小企業でもそのまま活かせる」と思っていることです。

あなたの体験やノウハウは非常に貴重なものではありますが、会社の規模や考え方によって同じ事でも方法はまったく違ってきます。

大企業でやれていたことは、必ずしも中小企業でもできるものではないことを肝に銘じて、次の会社で自分のノウハウを活かせるための調整が必須となります。

これができないと、せっかくのあなたのキャリアが認めてもらえずに、失敗の可能性が高くなります。

 

50代のセカンドキャリアを成功させるコツ

成功

今までの仕事人生を見つめ直して、あなたのこれからのセカンドキャリアを成功させるために必要なものはなんでしょう?

ここでは、セカンドキャリアを成功させるためのコツを3つご説明いたします。

 

50代のセカンドキャリア・副業

これは、今の会社で働きながら別の収入の柱をつくるということです。

「いやいや、わが社は副業禁止なんですわ」って声が聞こえてきそうですが、はっきり言ってそんな会社は時代遅れですので、ゆくゆくは転職を考えるのでは?と感じてしまいますね。

因みに、副業は稼げるようになってから会社にバレないなどの対策を考えるで十分です。

稼げてもいないのに「バレる心配」するなんて時間のムダです(経験談)

やっているうちに、副業が本業を超えてセカンドキャリアを充実させることも少なくはありません。

そこで、副業初心者のタイプ別のおすすめをあげておきます。

①ブログ

収益をだせるようになるまで時間はかかるのがデメリットですが、一番のメリットは「初期投資」が少ないということ。

必要経費としては、パソコンとドメイン利用代金、毎月のサーバー代などです。

パソコンを持っているのであれば、毎月数千円ではじめることができます。

文字を書いたりコツコツ積み上げることが得意、今すぐにお金が必要ではなくて時間的に余裕がある人におすすめです。

②物販

販売

物販といっても実はたくさんの種類があります。

  1. せどり ・・・仕入れた商品に利益をのせて販売する。その差額が利益になる。
  2. 無事故販売・・・注文が入ってから商品を仕入れて発送する。売れ残りの在庫リスクがない。
  3. 輸入転売・・・海外商品を輸入して販売するビジネスモデル。利益率が低く為替リスクもあるため難易度は高め。
  4. 輸出転売・・・日本から海外へ販売するビジネスモデル。相手国の法律や商慣習が壁になることも…

この中で初心者におススメはaとbとなります。

まずは、感覚を得るために自宅の不要品をメルカリなどのフリマサイトで販売することからはじめましょう。

手軽に始められる物販ですが、

メリット・・・即金性が高い。ブログなどに比べると収入として入ってくるのが早い。

デメリット・・・資金、在庫リスク以外には、時間消費型であること。つまり時間をかけると収入が伸びるビジネススタイル。

③クラウドソーシング



TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

あなたの「得意」を売ることができるのでやってみるのをおすすめします。

あなたの好きな時間に好きな仕事を受けて報酬を得ることができる時代になりました。

代表的なのは「ライター」と言って記事を書くのを仕事にすること。
完全に自宅でもパソコンさえあれば場所は選びません。

ライターの作業とブログと違う点は、

ブログを運営しているとアドセンス(*1)などで収益をあげますが、そうなるまでが非常に時間がかかります。
しかし、記事作成依頼を受けたクラウドソーシングの場合は、記事を納品して問題なければ契約した金額が入金されます。

ブログなどの経験がある人は、自分のブログを育ててストック資産にするのもよし、すぐにお金が必要な方はライターとしてそのスキルを活かすのもありです。

その他にも人気な職種や仕事は、

  1. 似顔絵・イラスト
  2. 文章・キャッチコピー
  3. 画像・デザイン
  4. 音楽・ナレーション
  5. 動画・アニメーション
  6. 美容・ファッション
  7. 語学・翻訳
  8. 占い・手悩み相談
  9. 恋愛相談・話し相手

何かあなたができそうなものはありますでしょうか?

因みにあなたのスキルによって単価が変わってきますので、スキルが無いと思っても思い切って登録してみるのも問題ありません。



*1:広告掲載でクリックや閲覧で企業側より報酬を得ることができるシステム

50代のセカンドキャリア・資格取得

資格

資格取得は非常に有効な手段ですが、実際に50代のあなたが取るべき資格は何?

50代になると勉強するにも時間的にもかなり大変な状況になるかと思いますが、その資格をどう選ぶかでかなり違ってきます。

あなたにあった資格は何か?

詳しくはこちらの記事をお読みください👇

50代からの資格・転職に有利な「おすすめ資格」と「失敗しない選び方」

50代のセカンドキャリア・転職

転職

セカンドキャリアの王道はなんといっても転職でしょう。

今までのあなたのスキルを活かしたり、未経験の世界に挑戦したりと不安もありますがワクワク感もありますよね。

しかし、近くの職安や求人情報誌でコツコツ情報を集めていると、いつまでたっても良い会社に巡り合うことがないかもしれません。

そこで、50代におすすめの転職方法は何か?

ズバリ「転職エージェント」を利用することです。

詳しくはこちらの記事をお読みください👇

50代・転職成功のためのおすすめ転職サイト&エージェント5選

50代・セカンドキャリア・まとめ

中年男性

ここまで、50代のセカンドキャリアを成功させるために解説してまいりましたが、最後に本当に成功するコツをお伝えいたします。

それは、「今すぐに動くこと!」

この記事の中で、すぐにできることはすぐにやってしまいましょう。

ココナラの登録、転職エージェントの登録、自分にあった資格の調査など…

自分ができないと思っていたことも、やってみたら意外とできちゃったという経験は今までもあるかと思います。

だから、「今すぐ動くこと!」

あなたのセカンドキャリアを充実させることができる手助けになったとすれば幸いです。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

無職経験を経て「50代の応援ブログ」を運営しているTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。に、無職時代に経験した不安や再就職(転職)にあたっての注意点をわかりやすく解説いたします。 苦労してきた50代の人全員にこれから楽しく過ごせるヒントになる記事になれば幸いです。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。

-転職
-, , , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.