50代の転職を成功させるため必要なやるべきこと。徹底解説!

転職

50代・転職成功のためのおすすめ転職サイト&エージェント5選

パパ
「50代の転職って難しいだろうな…」
「思い切って次のステージに向けて転職してみたい。
でも、でも……うまくいくかな…」
パパ

50代までいろんな経験をしてきて、自分なりにがんばってきたあなたが転職したい気持ちになったのは相当思うことがあったのでしょう。

職場の人間関係、収入、仕事内容、自分の家庭環境の変化など…このような悩みから転職を真剣に考える様になることが多いです。

そんな悩みを抱えているあなたの助けに少しでもなれればと思っています。

さて、転職を考えている50代のあなたがこの記事を読んでわかることは

この記事を読んでわかること

  • 50代の転職の選び方
  • 転職に成功するポイントとコツ
  • 50代の転職のメリット・デメリットと注意点
  • 50代におすすめ転職サイトと転職エージェント
  • 転職する際の流れ

などをわかりやすく解説していきます。

途中、関連したおすすめ記事もありますのでご覧ください。

はじめに結論をお伝えしておきますが、転職サイトやエージェントの活用は絶対にした方が良いです。

その理由は、実際に50代になって転職した私の経験があります。

無料登録など今すぐ行動を起こした人が、最後は笑うことができるのは間違いありません。

50代の人も意外と知らない転職サイトとエージェントの違い

転職サイト

まず最初におたずねします。

50代で転職を真剣に考えているあなたは転職サイトと転職エージェントの違いは分かっていますか?

今まで、転職を考えていなかった人には、違いがわかりにくいので簡単にご説明いたしますね。

転職サイトとは

転職サイト➥求人案件を自分で探して、自分で応募して、自分で受かるための対策をする必要があるものです。

メリットとしては、非常に気軽に自分のペースで探したり応募したりすることが可能です。
しかも、そのほとんどは利用しても無料です。

デメリットは、サイトの案件内容だけで判断しないといけないので情報不足で入社してしまうことがある。
入社して「こんなはずじゃなかった」というよくある話になるかも…

自分でやりたいことがはっきりしている方には「転職サイト」がおススメです。

転職サイトのおすすめポイントは、手軽に無料で自分のペースで探したい人は「転職サイト」でOK!

転職エージェントとは

転職エージェント➥求職者のあなたと採用する企業側との間に仲介者(紹介)がいるサービスになります。

メリットとしては、自分が希望する職種や条件に合わせて情報豊富なエージェントの方がマッチングさせてくれる。
非公開の求人もあるので「転職サイト」では出会えない企業を紹介されることもある。

しかも、無料です(その理由は、採用が確定した際に採用した人の年収の一定額を採用企業が転職エージェントに支払うからです。)

あと、業種や業界で悩んでいるとか転職がはじめてという人には、しっかりアドバイスしてくれる転職エージェントの方がおススメです。

デメリットは、転職サイトと比較するとデメリットはないと言ってもいいと思います。
まれに、担当者のあたりハズレがある場合があるかもです…

転職サイトと転職エージェントの違い比較

転職サイト 転職エージェント比較

転職サイトと転職エージェントとはこの表のように違いがあります。

自分にあったものを選んでうまく利用しましょう。

 

50代の転職・成功するためのポイント

転職 ビジネスマン

実はシニア層の就業率は大きく伸びている傾向にあります。

ただ、希望職種に就けて希望の年収を得ている人は限られているのが現状です。

50代で転職を決意したあなたが転職を成功させるために次のポイントは押さえておいてください。

①過去は過去、経験は活かしながらも新しい環境や会社の考え方に順応する姿勢を持つ(プライドは捨てる)

②給料や役職に固執しない

③最初から的を絞りすぎない

④自分が何を求められているかを考える

⑤中小企業へも積極的に応募する

⑥転職エージェントを利用する

 

以上が50代でも転職を成功させるためのポイントです。

ポイント

自分の市場価値を診断する➥ 市場価値診断なら、ミイダス!


50代の転職・メリット

50代の転職は難しいのでメリットはないのではと思う人も多いかと思いますがそうではありません。

50代なりのメリットがあります。

まずはメリットからご紹介いたします。

50代の転職メリット① キャリアアップ

同業種への転職で多く見られるのが「キャリアアップ」

キャリアアップとはいろんな仕事を経験することによって、より高い能力を身につけて経歴を高めること。

前職の実績や役職など経験豊富な50代の方なら十分この「キャリアアップ」できる可能性があります。

応募の時は、アピールをしっかりしていきましょう。

50代の転職メリット② 人脈が活かせる

今、花盛りの企業間コラボにも見られるように異業種交流はもちろん、本来ライバルである同業種でも交流が活発化しています。

そんなご時世に役立つのが50代が培った「人脈」です。

同業以外にも活かせる人脈を持っている人材を企業は探しています。

50代の転職メリット③ 経験を活かせる

役職だけでなく、約30年の社会に揉まれた経験はすごく貴重なものでそれを活かしてほしいと思う企業も少なくありません。

経験上、物事に対しての対応能力が高く、業種が違ったとしてもそのもっているスキルは若い人にはない50代のストロングポイントになります。

 

50代の転職・デメリットと注意点

皆さんもすごく気になる50代の転職のデメリットと注意点を確認していきましょう。

50代の転職デメリット①採用までに時間がかかる

若い20代30代の方と比べると採用が決まるまでに、比較的長い時間を要することが一般的です。

これは、50代を採用する側も慎重になるので致し方ないでしょう。

希望の会社に入るには根気強く待つ時間も必要となります。

50代の転職デメリット②選択肢が限られるもあります。

余程の特殊技能や経験などを持っている人は別ですが、一般的には50代になると選択肢が狭くなります。

50代で転職を決意したあなたは「選択肢が限られる」ということを受け入れて転職活動をする必要があります。

50代の転職デメリット③ 競争率が高い(すぐに枠が埋まってしまう)

先程の②の選択肢が限られると似ていますが、50代の転職希望者の限られた枠はすぐに埋まってしまいます。

それだけみんなが必死にアンテナを張り巡らせてチャンスをつかもうとしているということですね!

あなたもその競争に負けないようにするにはどうすれば良いかもこれから解説いたします。

50代の転職 注意点

辞めたい気持ちも大事ですが、その後のことも考えないで勢いで転職先が決まる前にやめるのはおすすめできません。
しかし、もう次へと走り出しているあなたへ転職前の注意点をまとめました.

注意ポイント

  • 在職中に転職活動を必ずスタートさせておく(最低半年はかかるぐらいの気持ちで)
  • ブラック企業に在職していた場合は、退職前の半年間の勤怠実績(タイムカードのコピー、残業時間の明記された給与明細)は保管しておく。
    これは、すぐに働き始めることができた場合は別ですが、失業期間がある場合に失業手当の支給が早くしかも増額される可能性もあります。
  • 転職先が決まって退職の意思表示をする際には、常識的な期間の余裕をもって会社に申し出ましょう。
  • 社会人として引き継ぎはしっかりすることは当然の義務ですのでお忘れなく。

但し、自分の市場価値や転職動向を調べておくのは早い方が良いのは間違いありません。

 

50代におすすめ 転職サイト・転職エージェント

 

それでは、真剣に転職を考えている50代のあなたが、希望する仕事が見つかるために最善の方法としてやるべきことは何か?

時間的余裕や金銭的余裕がある方は地道に探すのもありですが、ほとんどの方はそうではありませんよね。

そこで、希望の転職を探すことができる5つのおススメ「転職サイト」と「転職エージェント」をご紹介いたします。

リクルートエージェント 転職

リクルートエージェント

\転職支援実績NO.1/
転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)

★★リクルートエージェントの魅力★★

1.業界最大級の非公開求人数
転職活動を進めるにあたって重要な要素である「求人数」。
リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、
10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

応募が殺到しすぎるから、企業戦略上一般公開できない重要求人だからなど、
非公開にせざるを得ない魅力的な求人に出会うことができます。

2.実績豊富なアドバイザー
転職の相談相手は、誰でも良いというわけではありません。
業界や業種によって、転職に必要な情報や知識は異なります。

リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、
求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。

3.充実した転職サポート
リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。
提出していただく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、
独自に分析した業界・企業情報の提供、
志望企業への推薦など様々な転職サポートをさせていただきます。

他にも参加者の80%以上に満足していただいている、
リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能です。

 

転職エージェント doda

doda

DODAおすすめポイント

業界最大手で50代の求人も豊富

たくさんの中から選びたい人(求人数が多い)

転職活動をどうしたらわからない人

DODAは転職サイトも運営してるので他の転職エージェントのみよりも求人数が多いのが特徴です。

無料登録できるdoda公式ページはコチラ➤  転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

 

 

BIZREACH

BIZREACHおすすめポイント

使いやすいサービス

他の転職サイトでよりも高収入な求人情報に出会える

いろんな企業からのスカウトを受けることができた

無料登録できる公式ページはコチラ➤ BIZREACH公式ページ

 

転職 FROM40

FROM40

50代などのシニア向けなので年齢で断られることがない。

FROM40おすすめポイント

40,50代のミドルシニアのためのの転職求人サイトだから安心

さまざまな業界や職種に幅広く対応

正社員からアルバイトまで求人の雇用形態も選択肢あり

無料登録できる公式ページはコチラ➤ 50代のためのシニア求人FROM40の公式ページ

 

転職エージェント リクナビ

リクナビNEXT 公式ページリクナビNEXT

リクナビNEXTおすすめポイント

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%

どの転職サイトを使うか迷っている

すでに転職活動を進めている

転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

*無料会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、 リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。 診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料登録できる公式ページはコチラ➤

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

50代・転職するまでの流れ

それでは転職までの流れを確認していきましょう。

転職活動期間(6か月ぐらいの余裕をもって)

転職スケジュールの確認(入社月によって活動期間も変わる)

基本的に転職活動は在職中から始める

転職サイト・転職エージェントに登録(無料なので登録だけでもするのがおススメ)

自分で探したりスカウトメールなどで企業からオファーなどがあれば応募してみる。

面接(練習しておきましょう) ➡ 内定 ➡ 退職 ➡ 入社

転職エージェントを利用しても、同じで以上のような流れが一般的です。

しかし、面接に行くまでの手間や条件、自分とのマッチングを探す手間などが全然違ってくるのが一番のポイントです!

参考サイト➤ 転職活動のやり方と期間、準備~内定・退職までの流れ

50代のおすすめ転職サイト&エージェント・まとめ

50代の転職についてのまとめにはいります。

ここまで下記のことについてご説明してまいりました。

ポイント

  • 50代の転職の選び方
  • 転職に成功するポイントとコツ
  • 50代の転職のメリット・デメリットと注意点
  • 50代におすすめ転職サイトと転職エージェント
  • 転職する際の流れ

 

50代でも転職できた多くの人が、もしくはより良い環境に転職できた人は「転職サイト」や「転職エージェント」をうまく利用している人が多いということです。

是非、自分の市場価値をはかることもできて、実際に転職先を紹介もしくは見つけることができるようムリなく利用してみてください。

50代で転職を決意されたあなたへ少しでも手助けになれば幸いです。

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

無職経験を経て「50代の応援ブログ」を運営しているTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。に、無職時代に経験した不安や再就職(転職)にあたっての注意点をわかりやすく解説いたします。 苦労してきた50代の人全員にこれから楽しく過ごせるヒントになる記事になれば幸いです。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。

-転職
-, , , , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.