中高年で人生やり直したい人はこの資格一択!超わかりやすく解説!

転職

50代必見!中高年で人生やり直したい人がガチで食える資格はコレ!

お困り父さん
50代にもなって、今さらだけど… 人生やり直したいなぁ~ でもどうやって人生やり直したらいいんだろう?
そう言えば、近所のご主人資格取って転職したって聞いたけど、50代からのおすすめ資格って何があるのかな?
お困り父さん
お困り父さん
これからの生活のために食える資格がいいんだけど…

 

以前、転職に有利な資格の記事を書きましたが、

50代からの資格・転職に有利な「おすすめ資格」と「失敗しない選び方」

今のままではいけないと思っている50代のあなた!

この記事では、本当に人生をやり直したいと思っている人におすすめしたい資格をご紹介いたします。

そう、本当に食っていける資格だからなんと「1つ」だけ厳選してご説明いたします。

50代・人生をやり直すための食える資格の条件

ここで言うくれる条件と言うのは先ほど紹介しましたおすすめ記事の資格ではなく、本当にこの資格があれば食っていける!今までの人生を逆転することができると言う50代のあなたあなたにとってぜひ取ってもらいたい資格です。

しかし、その資格と言うのは単なるおすすめ資格ではありません。
それではどんな資格なのでしょうか?

難易度が高い

資格取得が難しい合格率が低い

資格取得に時間がかかる

と言うものになります。

もちろんそのぐらいの資格でなければ絶対に食える資格とは言えないのは言うまでもありません。

よく考えてみてください、周りの誰もがもっている資格だと食えるものもありますが「人生をやり直す」ための決定打とはいかない場合もあります。

決定打とするには、50代でも少し時間をかけて取るべき資格となります。

だから、人生をやり直すことができる「資格」というわけです。

50代から取得する「食える」おすすめ資格

それではその絶対に1つお勧めする50代からとってもらいたい資格と言うのは何になるでしょうか。

結論から言います。
それは「中小企業診断士」になります。

人気の労務士や行政書士などもしない事は無いではありませんが、食える言うことで言えば中小企業診断士1択でございます。

特徴としてはあなたの今までの経験が活かせる資格だからです。

中小企業診断士が「おすすめ!」な理由

最近、AI(人口知能)でなくなる職業は?なんてよく耳にしますよね。

中小企業診断士で計算するお仕事だから、人工知能で済むんじゃない?って思われる方もいると思います。

国家資格の中ではAIが代わってやってしまう可能性が弁護士とともに低いとされています。

ということで、これからも「食える資格」としては将来性はあると言えるでしょう。

 

因みに、今現在は「先生」と呼ばれている、税理士・行政書士・公認会計士・司法書士などは非常にAIの代替の可能性が高いとされています。

中小企業診断士資格取得後の仕事って?

では、中小企業診断士とはどのような仕事をするのでしょうか?

まず中小企業の定義はこの様になっています。

中小企業

出典:中小企業基本法の定義 中小企業庁

 

どうですか?
あなたの周りのほとんどが中小企業ですよね…。

ということはそれほど「対象顧客」が多いということになります。

具体的に仕事の中身を見ていきましょう。

経営全体を横断的に見て改善のアドバイスをする

経営を取り巻く環境を鑑みて適切に指導するのが中小企業診断士の仕事。

では、指導が必要とされる項目とは何でしょう?

  • ヒト(人材育成、人員確保)
  • モノ(資産の活用)
  • カネ(資金繰り)
  • 外部環境(長期的視点)
  • 情報管理(業務効率化・顧客管理・経費節減)
  • 法令(コンプライアンス)

以上のようなものをその企業の課題に合わせて適時アドバイスをすることが求められています。

まさに、企業のお医者さん「診断」することで「治療方法」も併せて提案します。

実際には、経営者も自覚していない問題点がある場合も多いので洞察力と判断力が求められます。

それぞれの企業によって問題の大きさや優先順位が違うので、担当の中小企業診断士がその状況において判断して経営者に進言することになります。

先程も触れましたが、AIには代替できないと言われるのが理解できることでしょう。

中小企業診断士の収入はいくら?

中小企業診断士

「中小企業診断士活動状況アンケート調査」 結果について:一般社団法人 中小企業診断協会

 

このグラフを見てわかる通り、かなり稼いでいる人が多い印象です。

表にもしてみましたので確認してみてください。

中小企業診断士

 

50代・食える資格の理由のポイント

  • 将来性がある
  • 収入が高い
  • 経験を積めば独立も可能

 

50代で人生を変える、食える資格の難易度

限界 LIMIT

さて、これで食える資格というのはわかったけれど、実際に取得するは可能なのかを考えてみましょう。

まず、中小企業診断士試験の申込者と合格者数の推移です。(平成13年~令和3年実績)

出典:J-SMECA 中小企業診断協会 中小企業診断士試験 申込者数・合格率等の推移

 

過去5年平均の合格率は、

1次試験は30.86%、2次試験は18.64%とかなりの難関試験となっています。

1次試験はかなり年度によってバラつきがありますが、2次試験はここ数年は18%から19%となっており、100人中約20名の合格実績です。

注意ポイント

1次試験・・・マークシート方式で6割の点数を取ると合格

2次試験・・・記述式で採点基準が明らかにされていません。

50代の食える資格・中小企業診断士の資格を取るには?



さて、この難関資格を取るためにはどうすればよいのか…

もうこれは、昔みたいに独学でやるということの選択肢は避けたほうが賢明です。

資格取得のためのノウハウを持った専門の業者がいるので素直にその力を借りましょう。

おすすめの講座はこちら👇

「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

まとめ・50代必見!中高年で人生やり直したい人がガチで食える資格はコレ!

それではまとめに入ります。

50代の中高年になってやり直したい人がガチで食える資格は「中小企業診断士」です。

取得に苦労はありますが、将来性や収入を見ると挑戦しがいがありますね。

是非、一度考えてみて行動にうつしましょう。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

無職経験を経て「50代の応援ブログ」を運営しているTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。に、無職時代に経験した不安や再就職(転職)にあたっての注意点をわかりやすく解説いたします。 苦労してきた50代の人全員にこれから楽しく過ごせるヒントになる記事になれば幸いです。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。

-転職
-, , , , , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.