50代の転職・書類選考に通らない、落ちる理由とその対策法はコレ!

転職

【50代の転職】書類選考が通らない理由と通過するためのポイント解説

転職

50代の転職でぶち当たる壁は、なんといっても「書類選考」。

なかなか通らないということを良く聞くと思います。

はじめの関門である書類選考を通らなければ、当然のことながら採用につながることはありません。

そこでこの記事では、50代が転職する際に気をつける書類選考についてご説明いたします。

書類選考に通らない人へ

  • 書類選考に通らない理由はコレ
  • 甘く見ていませんか?書類選考の重要性
  • 採用担当者が見ているのはココだ!
  • 書類選考を通るためにやること

50代で転職を決意されたあなたへ少しでもお役に立てればと思っております。

是非、最後までお読みください。

50代・書類選考が通らない理由は?

転職

まず最初に書類選考が通らない理由としてあげられるものは何でしょう?

さて、あなたはこの中に当てはまるものがないか確認してみましょう。

書類選考が通らないポイント

  • 自己アピール不足
  • 企業の応募条件を満たしていない
  • 希望条件がマッチしていない
  • スキル・経験の基準を満たしていない
  • 短期間の転職を繰り返している
  • 他に自分より優秀な人がいた

自己アピール不足

ある程度の経験やスキルがある人でも、自分が会社に貢献できるポイントをきちんとアピールすることができなければチャンスをみすみす逃すことになってしまいます。

自己アピールが苦手な人もいるかと思いますが、ここは思い切って自分の長所を最大限にアピールして、採用担当者にあなたという人物を理解してもらえるようにしていきましょう。

企業の応募条件を満たしていない

応募条件とは、応募する上での必要な条件です。
だから、希望条件とは違い必ず満たしている必要があります。

企業によっては応募の際に、最低限満たしておいて欲しい条件というものを提示しているので必ず確認しましょう。

  • 業務上必要な資格を保有しているか?
  • 実務経験年数(例:営業職経験3年以上)

以上が多くの企業でも書かれている応募条件です。

希望条件がマッチしていない

希望条件とは、応募条件をクリアしたうえで自身が希望する条件となります。

例として

  • 希望年収●●●万円以上
  • 職位、役職を希望する
  • 転勤なし、勤務地指定 など

上記のように自分の希望する条件と企業側との要望がマッチしないと、当然ながら採用とはなりません。

タイミングで企業側の空きポジションなどで採用が見送られる場合もあります。

短期間の転職を繰り返している

50代の転職では、数回の転職は許容範囲です。
しかしながら、就職しても短期間で退職するのが何回も続いている応募者は当然のことながら企業側は用心深くなります。

やむを得ない理由があるのであればしっかりと伝えて疑念を払拭しましょう。

スキル・経験の基準を満たしていない

例えば、総務や人事などを希望する場合に、まったくの未経験では企業側に50代のあなたを雇うメリットはありません。

なぜなら、企業側が求めるのは経験を活かした即戦力だからです。

今までの経験や得たスキルを整理して、転職先の企業にアピールしましょう。

書類選考が通らない場合はこの部分の見直しが必要です。

他に自分より優秀な人がいた

あなたが企業側の基準を十分超えている時でも確実に採用とならない場合があります。

えっ?なんで?と思われるのもよくわかります。

しかし、企業側は応募者の中から非常に優秀な方を上から選んでいくわけですので、基準を上回っているあなたよりもさらに上の人がいたら…

そう、あなたは選ばれないことになります。
これはもう「運」ですのでどうしようもありません。

こんなときは、転職エージェントなどの担当者に企業側とのマッチングを依頼するのも非常に有効な手段です。

50代・転職活動、書類選考の重要性

転職

ではなぜ、企業はいきなり面接ではなくて「書類選考」をするのか?

これはズバリ言いますと、皆さんをふるいにかけているのです。

その基準は、

  1. 補充する部署への適性
  2. 採用の可能性がある人に面接などの時間を使いたい
  3. 対象外の応募者を除外する

特に3番は多くの企業が書類選考で重要だと考えています。

採用活動にも多くのコストがかかっていますので、企業側もあなたが一生懸命記入して出した書類で「まったくの対象外」を選別していることを理解しておきましょう。

50代の転職・採用担当者が見ているポイントは?

転職

ここで50代の転職を希望されているみなさんに、書類選考に通る前に気をつけるものがある点も踏まえて採用担当者が見ているポイントを解説いたします。

採用担当者はWEB応募から見ている

ほとんどの場合、企業を調べるのも応募するのもはじめは「WEB」ということが多いのではないでしょうか?

しかし、このWEB応募は落とし穴があります。

その気軽さ故、本来のあなたがしっかり伝わらない可能性があります。
はじめのWEB応募も紙に記入する履歴書や職務経歴書同様に、しっかりとあなたの特性が伝わるように真剣に入力しましょう。

入力できる項目はすべてアピールポイントだと思って入力をしましょう。

WEB応募・絶対注意するポイントはコレ

転職

注意ポイント

  • 入力項目にはすべて入力、しかも出来るだけ詳細に
  • フリー入力欄はアピールの大チャンス!(各項目以外にも自己アピールで熱意が伝わる)
  • 採用担当者が見てわかりやすいような工夫(箇条書きなど)
  • 誤字、脱字の確認。

以上の点は必ず注意しておきましょう。

WEB応募・やっちゃダメなNGポイント

禁止

注意ポイント

  • ただ、文章を羅列しているだけでわかりにくい。
  • 保有資格をきちんと表記していない。
  • 志望動機が自己中な印象

もっと詳細は、マイナビ転職のこちらのページをご覧ください。

WEB履歴書でありがちなNGパターンTOP5

50代の転職・書類選考が通らない まとめ

転職

50代で転職するためのはじめの難関の「書類選考」を突破するためにすることを整理します。

書類選考突破のまとめ

  • 今までの提出した書類を再確認する
  • 書き漏れ(空白)や修正箇所がないか調べてあれば修正する
  • 応募条件はクリアできているか
  • 希望条件は自己中に受け取られることがないか?
  • WEB応募から全力投球する

この記事では、面接前の第一関門であり絶対に通過しないといけない「書類選考」を突破するために必要なことを書きました。

是非皆さんが、希望の仕事先を見つけて転職が成功することを願っています。

-転職
-, , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.