アルバイトしたいけどなかなか受からない!これって理由があるんです!

無職生活

アルバイトに受からない!コロナ禍で変化!?企業の本音も教えます!

仕事探し

こんなに求人があるのに、なぜか採用されない…😥

お困りくん
働きたいのに…
なぜ受からないんだろう…😫
この先もずっと仕事が見つからないのかな…。
不安で不安でしょうがない😔

「アルバイトに受からない。」「また不採用。」「理由が知りたい!」

今、コロナ禍で新たに仕事を探されている方が多いと思います。

今回は、飲食店店長の経験と現在人事に関わる私が、不採用の理由と企業側の本音も教えます。

【アルバイトに受からない理由①】業界選択が間違っている

仕事探し

『履歴書の書き方』『連絡の取り方』『面接での注意』これらを意識して取り組んでいるのに不採用。

仮にそれらが問題ないとするなら、業界選択ミスが考えられます。

簡単に見ていきましょう。

人材が不足している業界

  • 建設 
  • メンテナンス 
  • 医療 
  • 介護 
  • 農林水産 
  • 教育 
  • 物流 
  • IT通信 
  • 小売 
  • 食品etc...

 

日本はもともと慢性的な人手不足ですが、コロナ禍で更に加速している業界もあります。

よくニュースで、スーパーや薬局、宅配サービスが取り上げられていますね。

又、高齢化に伴い、技術者不足も深刻です。

知識や技能、経験がある方はもちろん、接客や力仕事が得意な方は、積極的に狙って良いと思います。

それでも不採用になるのであれば『より条件の良い人がいた』『職場(人間関係含む)に、合わないかも』『面倒くさそう』大体これらのどれかです。

こればっかりは縁なので、次にいきましょう。

人材が余っている業界

  • 航空 
  • 観光 
  • 宿泊 
  • 不動産 
  • 外食 
  • 美容 
  • ファッション 

 

少しずつ人手不足に戻りつつある業界もありますが、それでも緩やかです。

今それほど人手不足ではない、むしろ余っているけれど募集をかける企業もあるくらいです。

これらの業界を志望されていたら注意が必要です。

理由は、のちほど説明致します。

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは、簡単にいうと『入社のしやすさ』です。

下の表は、厚生労働省が発表した2020年8月までの一般職パートを対象とした有効求人倍率です。

1より高ければ高いほど『受かりやすい』となります。

改めて表を見ると、今年3月の倍率が1.62に対して以降、数値は下がり、8月では1.11となっています。

つまり『受かりにくい』状況なのです。

参考統計表3:出典元 厚生労働省(有効求人倍率資料URL:https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/G10-202008.pdf)

面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】

【アルバイトに受からない理由②】互いの目的が合わない。そもそも向いてる?向いてない?

仕事探し

私は、飲食店の店長だった頃も含め、これまで4桁にのぼる面接を担当してきました。

面接で採用される極意は、別の記事で挙げたいと思いますが、応募する前に考えてほしいことがあります。

それは、あなたが『働く』という目的があるのに対して、企業側も『欲しい人材』があるということです。

分かっているようで分かっていない方、意外と多いです。

ご自身の希望ばかりに気をとられていませんか?

向き不向きを知る

まず仕事を探す際『好きか嫌いか』『出来るか出来ないか』を、考えると思います。

『好きだから向いている』『出来ないから向いていない』は、あくまで主観的です。

仕事には、どんなかたちであれ相手がいて、相手があなたへ感じる『向き不向きとは違う』と、いうことです。

客観的な意見をすべて真に受ける必要はないですが、自分を知る上で、相手からの評価は、気に留めた方が良いでしょう。

ちなみに、企業は不採用の理由を聞かれなければ教えません。

不採用になってしまったら「次に活かしたい為、可能な限りで構いませんので教えて頂けますでしょうか」等、担当者に聞いてみましょう。

短期?長期?

よく見受けられるのが、3ヶ月や6ヶ月のいわば短期勤務希望者です。

募集要項に『急募』『短期可』『1つのプロジェクトだけ』ならまだわかりますが、なかには「慣れたら長期を考えています」等、素直に伝えてくれる方もいます。

どんなに素晴らしい方でも、私は採用しません。

期間や目途を知れるのはありがたいですが、これから指導する立場からすると「どうせ教えても、すぐ辞めてしまう」という意識が働き、雑務を押し付けるだけの要員になりがちだからです。

私が応募者なら必ず長期で考えている旨を伝えます。

辞めるタイミングは、自分だけが知っていれば良いのです。

【アルバイトに受からない理由③】企業の意図を知っていますか?本音教えます!

仕事探し

なぜ人員整理するのか

まず、完全失業率という言葉があります。

完全失業率とは、15歳以上の労働力ある人口に対しての指標です。

こちらは、高ければ高いほど失業者が多いという認識で構いません。

下の表を見ると、昨年よりコロナ禍で上昇している事がわかります。

 

完全失業率:出典元 総務省統計局(完全失業率

URL:https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html)

 

人員整理の話になりますが、端的にいえば『経費が収益に見合わないから』です。

正社員の給料は固定ですが、時給のアルバイトは勤務時間によって変動します。

企業は、正社員の給料を下げることを、基本的にはしたくありません。

ですから、アルバイトの人件費から削減していくことを優先します。

こんなご時世だからこそ、今まで辞めて欲しかったアルバイトの方を、辞めるように促しやすくなっている状況でもあります。

なぜ募集するのか

基本的には人手不足が理由ですが、そうでない場合もあります。

上に挙げた『今、そうでない業界』の回収となりますが、注意が必要な理由として

 

・人員整理での入れ替えが目的(自分も辞めさせられる可能性あり)

・スキルの高い人材を求めている(ハードルが高い)

・新規事業の立ち上げ(応募者の殺到により倍率が高い)

 

以上のことが考えられるので、やはり業種選びは重要になってきます。

人手不足は、またすぐやってくる

今、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化している業界も多いです。

まずはこの危機を乗り越える必要があり、その為に経費削減しやすい一つが人件費です。

この点は忘れないでください。

ですが長期的に考えると、人手不足はまたやってきます。

聞いた事がある方も多いと思いますが、日本人の人口は毎年減っています。

人手不足で倒産した企業もざらにあります。

外国人を採用して補うのでは?と、以前の私も感じていましたが、日本語能力を問われない仕事は確かにその通りです。

しかしながら、社内の英語体制が整っている企業は、実は多くはないのです。

結果として、今のうちに抱え込みたいという意図があります。

面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】

【アルバイトを辞めさせられない為には】

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

これは少し余談になりますが、私が学生時代アルバイトをしていた時から意識しているのは『ポジション』です。

なんだかスポーツみたいですね。

常に会社(チーム)、上司(監督)にとって必要な存在であり続けることが大事だと感じていました。

それは部下をもつようになって、尚の事感じたことでもあります。

ルールを守れない、指示に従うことが出来ない、指摘されたことを改善出来ない等、色んな方がいました。

確かに納得がいかないことも多いです(私も感じる時はあります)。

ですが、根本的に雇用とは『労働に従事させ、対価として賃金を払う』です。

この労働に納得がいかず、反発していては賃金を払う価値がないのと同義です。

時給計算が大半なので、給料をもらう権利はありますが、人材として必要ではないので辞めてもらいます。

もし、その企業に在籍し続けたいのであれば、その理解が必要です。

まとめ

それではこの記事のまとめにはいります。

・業績の上がっている人材不足の業種を選択する。

・企業が求めていることを考える。

・企業の都合を聞き、可能な限り柔軟に対応する。

・必要な人材であり続ける。

記載した通り、今は以前より企業側が人材を選べる時期です。

受からないことで悩み過ぎないように。

記事を書きながら、物件探しに似てるなと感じました。

条件ひとつ見直せば、更に多くの企業が見つかるかもしれませんね。

念を押しますが、企業目線を考えるのを忘れないように。

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

無職経験を経て「50代の応援ブログ」を運営しているTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 特に、無職時代に経験した不安や再就職(転職)にあたっての注意点をわかりやすく解説いたします。 苦労してきた50代の人全員にこれから楽しく過ごせるヒントになる記事を書いています。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。

-無職生活
-, , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.