50代のむずかしい転職を成功させるために必要なことは?

転職

【50代】転職がむずかしくなる原因。転職を成功させるためのポイントは? 

50代 転職
お困り父さん
50代からの転職なんて絶対に厳しいに決まってる。
でも、考えているうちにますます悪い状況に…
もう、どうすればいいのかわからないよ~
お困り父さん

50代での転職って年齢のこともあり、やっぱりむずかしいイメージがありますよね。

私も自分の年齢を気にしすぎてしまい、なかなか転職を決断することができなかった経験があります…(笑)

しかし、最近は50代での転職も決して珍しいものではありません。

転職がむずかしくなってしまう原因をしっかり理解して、成功するポイントをおさえていけば、
50代の転職も十分可能です!

この記事を最後まで読めば、転職で悩む50代が元気になります。


リクルートエージェント|転職支援サービスの新規会員無料登録

 

50代で転職がむずかしくなる原因

50代 転職

50代で転職がむずかしくなる根本的な原因とはなんでしょうか。

結論から言うと、採用した際にかかる「コストの問題」が一番大きいです。

いきなり、厳しいことを言うようで心苦しいですが、まずはしっかり現実を受け止めたうえで、転職成功のポイントを覚えていきましょう…!

 

50代はコストが高い

年齢別賃金

出典・令和3年賃金構造基本統計調査の概況:厚生労働省

 

 

当然のことではありますが、企業が50代を採用する場合、20代や30代を採用する時に比べて高い給料を払う必要があります。

表中にもありますが20~24歳を100とすると、あなたの年代は約2倍となっているのがお分かりになると思います。

 

定年が近い人間を高いコストで雇用するよりも、将来性のある20代や30代の若手の将来性に期待して、低いコストで採用し成長させたいというのが、企業の本音です。

 

仮に良くない人材を採用してしまった場合でも、低いコストで採用した人間であれば、無駄になった費用も最小限に抑えることもできますからね。

つまり、50代を採用するのはハイリスク・ハイリターンということがわかったと思います。

 

50代は扱いづらい

50代はコストが高い上に、扱いづらいという問題もあります。

日本はまだまだ年功序列の会社が多いので、新人で50代の人が入ってきた場合、他の社員からするとどのように接して良いのか戸惑ってしまう人が多いです。

特に50代で一般社員として入社した場合などは、それが顕著に現れてくるでしょう。

30代課長の部下として50代が来てしまった場合、想像しただけでちょっと気まずいですよね…

 

海外の会社のように、年齢関係なくフランクな職場であれば良いのですが、残念ながら日本はまだまだ年功序列を重視している会社が多いです。

このことから、50代は他の社員と関係構築が難しいというのも、転職の難易度が上がる原因の1つですね。

ビズリーチ

50代がむずかしい転職に成功するポイント

転職

まずはじめに、客観的に自分を分析できる人は転職に成功する可能性が高いです。

客観的に考えるのがむずかしい人は友人に相談してみるのも良いでしょう。

ただ、残念ながら私はそういった相談をできるような友人がいなかったので、転職エージェントを使って転職を成功させました!

また、意外と盲点になっていますが、雇用形態や年収を妥協することで、転職の成功率をアップさせることもできますよ。

雇用形態などの条件にこだわりすぎない

雇用形態で妥協することは、一番手っ取り早く転職の成功率を上げる方法です。

私は転職活動を行う際、絶対に正社員でなければ嫌だと考えていましたが、あまりにも転職が決まらないため、いったん考えを改めて契約社員として勤務したことがあります。

 

ただ、最終的には正社員登用制度を利用し正社員になることができたのですが、正社員になるまで数年かかることも多く、本当になれるかわからないという点は大きなデメリットですね…

また、平均年齢が若い会社に入社してしまうと、先ほどお伝えした「50代は扱いづらい」問題もありますので、雇用形態を妥協する場合はどういった年代の人が働いているのかあらかじめリサーチしておきましょう。

 

自分の市場価値を正確に把握する

雇用形態や年収を妥協するのは無理という人は、自分の市場価値をしっかり把握しましょう。

50代の人にありがちなのが、自分の市場価値を客観的に分析できておらず、これまでの会社で培ってきたスキルや経験が他の会社でも同じように通用すると思っていることです。

特に今まで一度も転職したことがない人などはこの傾向が強いですね。

 

企業としては、50代はやはりこれまでの経験を活かした即戦力で採用したいと思っていますので、完璧に同じ職種ではなくとも、似たような業界、職種、ポジションを狙っていきましょう!

たとえば、業界が違ってもマネジメント経験があれば、飲食関係の管理者からコールセンター関係の管理者に転職するのは、十分可能性があります。

 

むずかしい50代の転職は「転職エージェント」を使ってみる

50代 転職

先ほど転職が成功するポイントをお伝えしましたが、こだわりもなかなか捨てられないし、自分の市場価値の把握って本当にむずかしいですよね。

自分で考えては見たけど、結局適正のある職種が何かわからないという人も多いと思います。

何より自分でいろいろ考えていると転職がどんどん面倒くさくなって来ますよね…(笑)

 

でも諦めるのはまだ早いです。

一人で考えているうちに転職が嫌になってきた人は、転職エージェントを使ってみましょう!

 

転職エージェントとは

転職を考えている人と企業の仲介役のようなもので、仕事の条件や希望を伝えれば、転職エージェントが持っている求人情報から、条件に合致する仕事を紹介してくれるサービスです。

 

私は、転職活動は自分一人の力でやりたいという謎のこだわりがあり、今まで一度も使ったことがなかったのですが、ものは試しという感じで登録してみたところ、求人サイトでは非公開の職場に転職することができました!

 

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットはいろいろあるのですが、今回は簡単に紹介させていただきますね。

 

【メリット】

  • 登録無料
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策や日程の調整
  • 企業側への推薦
  • 入社までの諸々のサポート

 

特に履歴書などの添削を、第三者の目線で行ってくれるのは本当に助かります。

結局、自分ではいいと思って書いた履歴書でも、他人がそれを見てどう思っているかなんてわからないですからね…

ただ、もちろんメリットばかりではないので、以下のようなデメリットも存在します。

 

【デメリット】

  • 応募できる求人が限定される
  • 求人紹介の連絡が頻繁に来るので焦りを感じる
  • すぐに転職希望ではない場合、対応が後回しにされる

本来、求人はどの企業へも自由に応募が可能ですが、エージェント側がこの企業は条件に合っていないと判断した場合、応募ができなくなってしまいます。

ただ、エージェント側に自分のやる気や強みをしっかりアピールすれば、企業側へ交渉してくれる場合もありますので、転職したいという強い意志がある人は、デメリットよりもメリットのほうが大きいと思いますよ。

まとめ

最後のまとめとして、この記事を整理してみましょう。

ポイント

・50代の転職は若い世代に比べてむずかしい

・50代は採用コストが高く、扱いづらいのが原因

・こだわり過ぎず、自分の市場価値を把握するのが転職成功のポイント

・客観的に考えるのが苦手な人は、転職エージェントを使おう

・転職エージェントは無料で利用可能、メリットがたくさんある

以上、50代の転職がむずかしい理由、克服すべきポイントをお伝えしました!

 

最後に50代の転職はやはりむずかしいものですが、「転職エージェントとか使えるものはなんでも使ってやる!」という気持ちで望むのはとても重要です。

私は金銭的にも精神的にもなかなか崖っぷちな状況だったので、手を出してみたという感じですが、追い込まれる前に利用していればもっと楽だったな…と少しだけ後悔しています(笑)

皆さんは、私のようにならないよう早め早めの行動を心がけ、転職をがんばっていきましょう!

 

-転職
-, , , , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.