無職から脱出するには?ん?働くっていってもねぇ~…って人へ!

無職生活

無職脱出!のために「稼げる」を考えるおすすめポイント3つ

無職脱出

この記事は、現在無職の私が【無職】という肩書から脱出するためにはどうすれば良いかを皆さんにご説明する内容となっています。

結論から言うと「職に就く」ということですが、各自の状況で選択肢もあると思いますので、それぞれで自分にあった方法をご参考になさってください。

この記事でわかること

  • 無職を脱出するためにアルバイトで稼ぐ方法
  • 無職を脱出するために派遣社員として稼ぐ方法
  • 無職を脱出するために正社員として稼ぐ方法
  • 【番外編】無職を脱出するために起業して稼ぐ方法

1⃣無職脱出方法:確実に『アルバイト』で稼ぐ

仕事を探すとなると、なにかにつけ求人誌を見まくってってことしてませんか?
学生時代はよくやっていました…。

しかし、今回の記事では無職を脱出するための確実に稼げる「アルバイト」を探しましょう。
でも、すぐには見つからないんじゃ…?

稼ぐ方法・日雇いバイトを探す

とりあえず稼ぐ方法としてバイトがあります。

しかも、特におすすめなのが「日雇い」のバイト。
人間関係のわずらわしさがイヤだという人にはもってこいです。

日雇いって聞くと「えぇ~っ!肉体労働は苦手だし…」って思いますよね。

現在では様々な業種で日雇いが募集されています。

短期、もしくは長期のアルバイトは条件が合わないと雇われることはありませんが、日雇いはその日に働けることと内容をかくにんして「出来る」って思ったら応募してみるだけ。

最悪、思ってたのと違ったとしても1日のガマンです。
稼げる額は知れていますが、無職からの脱出の第一歩です。

日雇いバイトの探し方

求人誌もいいのですが、今では日雇いに特化した求人サイトがあります。

是非、登録して自分がやってみてもいいなと思ったら応募してみてください。

おすすめの「日雇い求人サイト」はこちらです。


単発バイトアプリ「シェアフル」

この様な、専門サイトだとたくさんの中から探すということはなく、時間もムダにならないのでおススメです。

短期、長期のアルバイトで稼ぐ

こちらは、通常のアルバイトを探すということになります。

自分の働くことができる日数や時間帯、業種と場所などを確認して申し込みましょう。

希望時間内で働くことを希望する場合はアルバイトからはじめてみるのもOKです。

はじめからムリをして働くのがイヤになってしまったら元も子もないので…

慣らし運転のつもりで「働く」ということを体に覚えさせましょう。

2⃣無職脱出方法:派遣として働いて稼ぐ

はじめは応募して、希望条件に該当する派遣先が見つかった場合は連絡が入ります。

派遣を取り扱う業者さんは最近はすごくしっかりしているので、悪徳派遣業者みたいな以前のような業者はいませんので安心してください。

令和2年の4月から派遣法も変わって(大企業対象)派遣も正社員とそん色ない待遇を受けれるようになりました。

派遣は契約ですので期間がありますが、正社員と同じ待遇と責任感で仕事するにはおススメです。

契約や労働上の問題は派遣先の営業担当が窓口になってくれますので、勤務先に言いにくいことはおまかせで対応してくれるので、あなたは働くことに集中できます。

3⃣無職脱出方法:正社員として働いて稼ぐ

正社員

最後の3つ目のこれが一番皆さんが望まれているかと思います。
やはり正社員が良いと思っていますよね。

ただ、気持ちはわかりますがやはり働く環境で随分と違ってきますので慎重に選ぶことをおススメします。

せっかく正社員になっても、こんなはずじゃなかったとならないように一般的なメリット・デメリットをあげておきます。

正社員のメリット

正社員は「人財」と言われていたのはちょっと前の話。
今ではパートさんまで働くすべての人が「人財」になるように会社は扱うのが普通です。

しかし、やはり正社員は一番手厚いのは間違いありません。
自分の好きな仕事やスキルアップにつながる会社に就職出来たらそれはラッキーです。

  1. 安定した収入
  2. 福利厚生
  3. 仕事の権限(やりがい)
  4. 社会的な信用
  5. 仕事内容によっては転職に有利になる

正社員のデメリット

  1. 残業が発生することがある
  2. 休日出勤がある
  3. 責任が重い
  4. 異動・転勤などの人事問題

デメリットはこのようになります。
「どうしても転勤はダメだ!」とか「責任なんて取りたくない」ってことがメリットよりも優先される人もいると思います。

人それぞれで選択することが重要です。

番外編・無職脱出方法:起業して稼ぐ

こちらはお題の「絶対に稼げる」と違うので番外編にしてあります。

しかし、一番やりがいとリターンが大きいと言えるので非常に魅力的です。

この場合、以前の企業と言えば飲食店を開くなどのことを思い浮かべることが多かったと思いますが今では企業のイメージも実態も変わってきています。

ポイントは、小資本ではじめられるものに限ります。

ホリエモンも商売する基本をこういっています。

  1. 利益率の高いビジネス
  2. 在庫を出来るだけ持たない
  3. 毎月の定額収入が得られる
  4. 少ない資本で始められる

現代はこの4つの原則が実際に実行できる要素が揃っている時代ですので、起業するという選択も大いにありです。

無職脱出!のために「稼げる」を考えるおすすめポイント3つ・まとめ

  1. 無職脱出方法:確実に『アルバイト』で稼ぐ
  2. 無職脱出方法:派遣として働いて稼ぐ
  3. 無職脱出方法:正社員として働いて稼ぐ

番外編 無職脱出方法:起業して稼ぐ

以上がまとめです。

無職から抜け出てとにかく就職することのみに考えが行くと後悔することになるかもしれません。

どのように自分らしく生きられるように無職から脱出するのかよく考えてみてください。

これは現在無職の私の実感です。(笑)

自分の優先順位が、お金なのか時間なのか世間体なのか人それぞれですので…

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

 

PS:因みに上記のいずれかでとりあえず働くことによってクレジットカードをつくることが可能になります(笑)

無職はクレジットカードがつくれない➡つくれます。作り方解説します。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-無職生活
-, , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.