「iDeCo」ってよくわからない人に超初心者向け解説しました!

LIFE

悩んでいる人必見! iDeCoは何がお得なのか?を徹底解説

iDeCo

最近、NISAと共によく耳にする投資の名前がiDeCo。

お困りさん
いろいろ聞くけどわかんな~い!
超初心者向けに「iDeCo」のこと教えてーーー!

名前もよく聞くし、お得だってことも散々みんな言ってるけれど、結局なにがどれ位お得なのかわかりませんよね?

そんな疑問をお持ちの方に、今日は、iDeCoの制度やメリット・デメリット、なにがお得なのか?を徹底解説していきたいと思います。

この記事を読んでわかる事

  • iDeCoとは
  • iDeCoに向いている人、そうでない人
  • iDeCoのメリット
  • iDeCoのデメリット
  • iDeCoの口コミ

それでは、iDeCoについてはじまり、はじまり~。

まずは「iDeCo」ってなに?

iDeCo

 

iDeCoとは、個人型確定拠出年金と言い、私的年金制度、分かりやすく言うと自分で作る年金制度のことです。

自分で証券会社に口座を開設し、月々の掛け金、どの商品(投資するもの)を選ぶのか?を自分で決定していくのです。

投資をやったことがない人は、これを聞いただけで何だか難しそう…と拒否反応を起こしてしまいそうです。

しかし、最近はシミュレーションなどで、自分の性格によっておすすめの資産配分や商品などを教えてくれる証券会社もありますので是非試してみて下さい。

掛け金も月々5000円から始められますし、後から掛け金の変更も可能です。

そして一番大事なのが、60歳から70歳までの間に積み立てて運用した金額の中から、受け取りを開始するというものです。
受け取り方法は、受け取る期間を決めて下記の3つに分けられます。

  • ①年金と同じような方法で分けて受け取るのか、
  • ②貯めたものを一度に全額受け取るか、
  • ③①と②を組み合わせて受け取るか、の3種類あります。

iDeCoとは

少額から始めることができる自分で行う年金のこと

自分はiDeCoに向いてる人?それとも向いてない人? あなたはどっち?

iDeCo

次に、自分がiDeCoに向いているのか?向いていないのか?を見ていきましょう。

iDeCoが他の投資方法、例えばNISAなどと大きく違う点が2つあります。

1つ目は、60歳になるまで引き出すことが出来ないこと.

2つ目は、60歳までしか積み立てることが出来ないことです(2022年5月以降は65歳まで)。
もちろん、途中でiDeCoの積み立てを中止したりすることは出来ますが、積み立て投資は長く続けるほどリスクは減ってきますから、出来れば始めたら最後まで続けるのをお勧めします。

ここまで書くと、ある程度勘のいい方はお気づきかもしれません。
そうなんです。60歳まで引き出せないのがポイントなのです!

つまり、普段の生活で貯金はしているけれど、ついつい引き出してしまうので強制的に引き出せないようにしたい!
と本気で思っている方には、iDeCoはうってつけの制度なのです!

逆に、自分である程度預金の管理をしているが、いつ不足の事態が発生するか分からないので、いつでも引き出せる状態にしておきたい!という方には向きません。

自分はどちらだろう?とよく考えて申し込んでも、遅くはないと思います。

iDeCoに向いている人とは

60まで引き出せないので、強制的に引き出せないようにしたい人には向いている

iDeCoで節税しよう

 iDeCoには、日常生活ですぐ感じることの出来るメリットがある!

iDeCo

iDeCoの制度や、向き・不向きが分かったところで、お次はiDeCoがどれくらいお得なのか?

メリットの中身を見ていきたいと思います。

  • 積み立て期間中の税金が控除される

まずは、何と言っても最大の魅力はこれです!NISAなど、他の投資は積み立て額に対しての控除はありません。
しかし、iDeCoは1年間で積み立てた全額が、所得控除の対象になるのです。

そこまでは分かるけれど、つまりは、どれ位税金が安くなるの?と思いますよね?私も思ってました。
この記事では更に踏み込んで書いてみたいと思います。

例)年収400~500万前後の会社員の方が、iDeCoを実際に1年間、満額である23000円積み立てた場合

年末に、それぞれの会社で行われる年末調整がありますよね?それに申告すれば、翌年の所得税・住民税が、月々合計2000~3000円程度安くなるのです。

年間ではないですよ、月々です!1ヶ月に2000円節約しようとすると、少し大変かな?と思いませんか?
それがiDeCoを積み立てることによって、ほぼ自動的に節約できるのです。嬉しいですよね。

  • 運用して得た利益には税金がかからない!

これはiDeCoだけでなくNISAにも多少共通する部分があります。
投資で得た利益には本来であれば、20.315%の税金がかかります。
しかしiDeCoには、この税金がかかりません。

  • 受け取る際にも税金が控除される

会社員として給与を受け取る際には、所得税や住民税が引かれますよね?年金を受け取る際にも、実はこれらの税金は年金からも引かれているのです。

しかしiDeCoであれば、受け取る際にも税金控除を受けることが出来るのです。
受け取り方法については、実際に受け取る段階になってから、金額などを考慮して選択するのがベストです。

iDeCoなら松井証券

iDeCoにも、やはりデメリットは存在する!

ここまで散々メリットを書いてきましたが、美味しい話ばかりでは、ついつい疑ってしまいますよね。
もちろんiDeCoにもデメリットは存在します。

  • 原則60歳まで引き出すことが出来ない

やはり、最大のデメリットはこれです。ただし裏を返せば、お金余裕があるから使ってしまえ!と自分に甘い方にはメリットです。

万が一障害を負ってしまったり、加入者の方が亡くなってしまった場合には、もちろん引き出すことは出来ますので、ご安心ください。

  • 運用によっては損失が出る

これは、iDeCoに限らず投資全般に言えることです。運用した商品や、時期によっては、損失が出る場合がもちろんあります。
しかし、このリスクを抑えるために長期積み立てを実施しておけば、リスクは大分減らすことが可能です。

  • 受け取る際に税金がかかる場合もある

受け取る際に、公的年金との合計額や、退職金との合計額が、一定の金額を超えると課税の対象になります。
これは、実際に公的年金や、退職金を受け取る際に考える必要があります。

なので、そろそろ退職が近づいてきたな…と思い始めてから悩んでも遅くはありません。

 

「iDeCo」の実際の口コミは?

iDeCo

iDeCoのメリット・デメリットを書いてみましたが、口コミを調べてみました。

  • ポジティブな口コミ

“サラリーマンでもできる本当に効果のある節税!

  • 1位 ふるさと納税
  • 2位 つみたてNISA
  • 3位 iDeCo
  • 4位 住宅ローン控除
  • 5位 保険料控除

どれも当てはまらないサラリーマンの人👨‍💼真っ先に取り組みましょう☝️

Yuto Ueda (@FPE_teacher) ”

https://twitter.com/FPE_teacher/status/1332716950468759554?s=20

 

“iDeCoはやるなら一時金受け取りしたいけど、退職所得控除がもっと大きければ迷わずやるのになぁと贅沢な悩みを持ちつつ、やっぱり税金のことは最低限はしっかり勉強しておくべきだなぁと改めて思いました。
個人的の事情で有利さも異なってくるので自分のことはしっかり自分で調べよう😊🥂キャプテン (@DividendCaptain)”

https://twitter.com/DividendCaptain/status/1332810216665083905?s=20

 

  • ネガティブな口コミ(番外編😅)

“iDeCo始めようとしたら、戦前生まれの母親に止められた。軍票とか預金封鎖とか国を信じて裏切られた世代…。
いつ梯子を外されるか分からないから国の甘言には乗るなと。ハナコ (@hanako_chan_da) ”

https://twitter.com/hanako_chan_da/status/1332738466602356737?s=20

 

「iDeCo」・まとめ

まったく「iDeCo」がわからなかったあなたも少しはわかってきましたよね?

もう一度、内容のおさらいをいたします。

「iDeCo」おさらい

  • ・iDeCoとは、自分で作る年金制度だということ。
  • ・強制的にお金を貯めたい人には向いているが、いつでも引き出せる状態が欲しい人にはiDeCoは不向き。
  • ・月々の税金が安くなるなど、身近にお得を感じられる。
  • ・運用のリスクや、自分で商品を選ばなくてはいけない、受け取り方法によっては税金がかかってしまう、などのデメリットもある。
  • ・口コミを見ても分かるように、人によって感じることは様々。最後は自分と相談して決めよう!!

以上、少しの積みかさねも大きな差になることもあるのでちょっとだけ情報を仕入れてご確認されることをおススメいたします。

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。


  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-LIFE
-, , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.