超初心者がはじめに知っておきたい参考にする良いブログの選び方解説!

BLOG

ブログ超初心者必見!参考にすると良いブログのポイント徹底解説

ブログ初心者

ブログを書きはじめると多くの方が考えることだと思うのですが、

お困りくん
「他の人のブログってどんな感じなんだろう?」
「ちょっと参考にしてみようかな…」

って考えたことはありませんか?

他のブログのいい所を自分のブログに取り入れることはもちろんいいことです。

というか、いい意味でパクるのはありです。(型をパクるのであって記事内容をパクるのは✖)

そして、その記事の参考すべき所、してはいけない所を知っておく必要があります。

ということでそんな超初心者の方への良いブログと悪いブログの違いについて解説いたします。

超初心者が参考にすべきブログの特徴とは

BLOG

では参考にすべきブログの特徴を見ていきましょう。

成功しているブロガーさんなら、全員共通して自然にできている特徴があります。

それらを押さえておくことで、これからのブログの見方も変わり、自らのブログにも取り入れることができるようになっていきます。

基本中の基本ですので「こんなこと?」と思うかもですが、実はこの基本ができていない人が非常に多いのです。

参考ブログの特徴・【一文の文字数】

皆さんは一文にどれくらい書いているでしょうか?

みっちり書いている方、それは得策ではありません。
なぜなら、見ている人の目が疲れるからです。

端から端まで目を動かす動作を繰り返すとやはり目が疲れてしまします。
それに長文を読み続けるのもしんどいですからね。

できるだけにコンパクトに書いてみるといいでしょう。
具体的な文字数は多くて大体40字といわれています。

このブログいいなぁと思ったら、まずは文字数に注目してみるのが吉です。

記事全体の文字数としては最低でも2000文字以上を目安に、トップブロガーさんなどは上位表示の内容を網羅されているので5000文字以上なんてザラです💦

参考ブログの特徴・【改行と余白】

次に、改行と余白にも注目してみましょう。

先ほどの文章量の話とも内容はかぶりますが、ぎゅうぎゅうに詰められた文章を読むのはとても億劫ですよね。
見る人のことをちゃんと考えて作られているブログは、改行と余白を上手く使って、ユーザーが見やすいように工夫されています。

逆にそうでないブログの場合は文字がざーっと、みっちり並んでいて、見る人の気力を削いできます。

現代人はほとんどスマホでインターネットを使うので、ブログを見るのもスマホである場合がとても多いです。
したがって、画面の小さいスマホだと、ぎゅうぎゅうに詰められたブログというのは非常に見にくいです。

改行は句読点のタイミングで積極的に行うようにしましょう。
そうすることですっきりとした記事に仕上がります。

適度な余白を持たせて、見心地のいいブログを目指しましょう。

参考ブログの特徴・【見出し】

blog

みなさん、ちゃんと見出しは使っていますよね?

「自分は文章力があるから、見出しなんていらない!」
なんて思っていた方。

マジで反省してください(笑)。

というのも見出しというのは見る人が、“このブログには自分の欲しい情報があるか”ということをパッと伝える役割があります。

ですので、見出しのないブログは、作文のようになってやはり見る人が読む気をなくしてしまいます。
また見出しは、小説での付箋のように自分がどこを読んでいるかというのをハッキリさせる役割もあります。

ここで例を一つ示します。

引用元→https://ferret-plus.com/1301

このブログは、ブログ作成にオススメの無料サービスを紹介する内容となっています。

上に大きく「サービス一覧」と表示し、そこから「Ameba」という具体例を示しています。
どちらも、読み手にはっきりと自分が今何を見ているかというのをハッキリさせています。

見出しのないブログもたまに見かけますが、正直見る人のことを全く考えていない自己満のブログになってるかもです…。

見出しは読者目線でかんがえたら絶対です。

参考ブログの特徴・【箇条書き】

箇条書きもトップブロガーさんなら、呼吸するように使っています。
なんたってブログが断然見やすくなりますからね。

ブログを見る人は一文字一文字じっくり読んではくれません。
なので、できるだけ簡潔に情報を伝える箇条書きは超有効です。
使っていない人は次から使ってください!

箇条書きにすることで人は理解度が高まる効果があると言われています。

箇条書きの効果に関する記事
箇条書きにする心理的効果

参考ブログの特徴・【タイトル】

タイトルはいわばブログの玄関です。
玄関の汚い家には入りたくないですよね。

それと一緒で、タイトルの出来でアクセス数が大きく分かれます。

1つ例で考えてみましょう。
ブログの内容がおいしいイタリアンの店を紹介するものだったとします。

このブログタイトルの悪い例を示すと、
「イタリアン○○がマジで美味しい!」とかですね。

このタイトルの何がダメかというと検索から見つけることがほぼ不可能だからです。

ブログを日記として活用するなら全然OKなのですが、ちゃんと検索に引っかかるにはタイトルを変える必要があります。

良い例を示すと

「イタリアン○○をオススメする3つの理由」みたいな感じです。

とにかく人に伝えてあげようとしているタイトルのほうが検索される確率が上がります。

またブログタイトルは30字~32字が適切といわれています。
それ以上になると検索結果の際に表示が途中で途切れてしまうからです。
是非いろんなブログのタイトルを見て参考にしてみてください。

タイトル参考ブログ: 何度も行きたくなる♪パスタが美味しいオススメ店5選

参考ブログの特徴・【画像の挿入】

BLOG

「百聞は一見に如かず」ってことわざがありますよね。

さっきのイタリアンの例でいえば、料理の魅力をつらつら書きまくるよりも、料理の画像をドンッ!!って出した方が圧倒的に情報量は多いです。

また画像があることで、読み手を飽きさせないこともできるのです。

「じゃあ画像使いまくればいいじゃん!」って、そういうことでもないんです。

適切な量。適切なタイミングというのがあります。

使い方の例として挙げると、1つの見出しにつき1枚の画像をのせるとか、文章が続いてしまったときにアクセントとして加えるなどがあります。

またこの時に使う画像編集ソフトのおすすめは

などがありますのでこちらも活用してみてください。

画像の使い方は良いブログと悪いブログの大きな分かれ目でもあります。

上位のブログをみてきっちり勉強しましょう。

*画像に関するおすすめ記事
ブログ初心者におススメ・フリー画像サイト3選(写真編)
画像の選び方と、おすすめの配置場所【3つのルール】

超初心者が参考にするブログとは?・まとめ

今回紹介してきた内容は、初心者の方がブログを書きなれてきたときに今一度確認してほしいものばかりです。

ブログは自分の書きたいことを書いて稼げるのが一番ですが、大抵はそんなことはうまくいきません。
読者の欲しい情報を最低限のルールを守って記事を書くというものが上記のものです。

ちゃんとしたブログを作ろうと意識すれば、いろんなブログを見て、
「このブログのここが良いな」
「このブログのここはイマイチだな」というのが分かるようになるようになってきます。

以上、基本的なことばかりですがこれが理解できるとあなたのブログ偏差値はうなぎのぼりになります。(笑)

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-BLOG
-, , , , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.