カラオケでうまく歌えるための歌唱法を詳しく解説してみました!

コンプレックス

カラオケで使える!かっこいい歌唱テクニックを徹底解説しました!

カラオケ
ばっちりくん
カラオケでもっとプロみたいに歌いたい!

自分の歌で友達をあっと言わせたい!

そんなふうに思ったことはありませんか?

今回は比較的簡単なものから、ちょっと難しいものまで、幅広く歌唱テクニックをまとめてみました!

これを知っているとチョイうまになることは間違いないかも知れません(笑)

それでは早速見ていきましょう!

この記事でわかること!

  1. 発声のいろんな種類が細かくわかる
  2. 実際の歌手の見本を見ながら理解できる
  3. 他のカラオケテクニックも満載

カラオケの基本・発声のテクニック編

カラオケで曲の中でも使われる時間が長い基本のものとちょっと難易度が高いものをまとめました

すべて習得は難しいですが、歌う際に意識的に使ってみるとちょっと違って聞こえること間違いなしです!

それではテクニック編スタートします。

カラオケ歌唱テクニック・ファルセット

ファルセットとは息を漏らしながらだす柔らかめの裏声のことです。
ただの裏声とは少し違うので注意が必要です。

有名な曲で言えばKing Gnuの「白日」で多用されているテクニックです。

息が多く含む発声法のため、大きな声で歌うのは少し難しいです。
バラードとは相性のいいテクニックですね。

カラオケ歌唱テクニック・ヘッドボイス

ヘッドボイスはファルセットとは違い力強い芯のある裏声のことです。

先ほどのファルセットに比べ息の量はかなり少なくなります。

そのため声量が出やすくパワフルな裏声になります。
有名どころで言えばMrs.Green Appleの曲でよく見かけるテクニックです。

カラオケ歌唱テクニック・ミックスボイス

カラオケ好きの方(特に男性)なら一度は耳にした事があると思います。

ミックスボイスは簡単に言えば、地声と裏声の中間の声のことです。
男性の皆さんなら分かるかもしれませんが、最近の男性ボーカルの曲めちゃめちゃ高いですよね(笑)。

特にサビの部分は声が裏返ったり、枯れたりしがちです。

ハイトーンをパワフルに出せるこのテクニックは、JーPOPの世界でも多くの歌手が使いこなしています。
このミックスボイスは裏声を練習することで初めて出せる声なので、なかなか習得までは時間がかかりますが、流行りの曲をどや顔で歌えるようになるので頑張って習得しましょう。

カラオケ歌唱テクニック・ウィスパーボイス

名前のように耳元でささやくような優しい歌声のことを言います。
裏声でも地声でも歌うことができます。

ウィスパーというだけあって息たっぷりで歌うのですが、声帯はちゃんと振動させなければならないのでこれもまた難しいテクニックです。

習得したい方は息を吐くときに声を少しずつ混ぜる練習をしましょう。

カラオケ歌唱テクニック・エッジボイス

エッジボイスは文字に起こすと「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」という声です。
呪怨の声とでもいうのでしょうか。

文字を見た感じ、喉に負担がかかりそうな声ですが、男性、女性、どちらが使ってもめちゃめちゃかっこいいテクニックです。

このテクニックの特徴として、声帯を閉じて声を出すということが挙げられると思います。
ウィスパーボイスとは違い、息漏れ厳禁のテクニックなので、普段おっとり歌う人は習得に苦労するかもしれません。

よくこのテクニックを使う歌手は、ワンオクロックのTakaさんが有名ですね。

カラオケ歌唱テクニック・デスボイス

ヘビメタでおなじみのテクニックです。

最近のJ-POPでも使われる機会が増えてきた印象があります。
怒りや悲しみを表現するならこのテクニックといっても過言ではないでしょう。

デスボイスは喉に大きく負担をかける発声をするため、下手をすると喉を傷つけてしまう可能性すらあります。
マキシマムザホルモンなどが有名です。

カラオケ歌唱テクニック・ホイッスルボイス

おそらくこれまで紹介した6つよりも頭一つ抜けて難しい技法がこのホイッスルボイスです。

このホイッスルボイスは、その名の通りホイッスルのような超ハイトーンを出す超高音の発声テクニックです。

これも出しすぎは喉をいためてしまう可能性があります。
このホイッスルボイスはミックスボイスやヘッドボイスができなければ、使うことはほぼ不可能です。

とはいえ、J-POPで使われている曲は多くないので、これは習得しなくてもいいと思いますが、できたらあなたのお友達は開いた口が塞がらなくなるでしょうね(笑)。

ミオンのボイストレーニングで自分の声を好きになる【ミオンライン】

カラオケの曲の要所で使う細かいテクニック編

カラオケ

曲の要所要所で使われるカラオケのテクニックをまとめました。

ちょっと使うことで点数も上がりますので意識して使ってみましょう。

カラオケテクニック・「ビブラート」

歌のフレーズの終わりに声の大小を繰り返し変化させることで、音の波を発生させるテクニックです。
演歌によく登場します。

ちなみにカラオケではビブラートは合計1秒以上出さなければ採点対象にならないので意識してみましょう。

カラオケテクニック・「こぶし」

こぶしは分かりやすく言うと、一瞬のビブラートです。

音程を一瞬だけ上下させるテクニックでこれも演歌でよく使われます。

ちなみに名前の由来は、こぶしを力いっぱい握ったときに出せるからだという噂。

カラオケテクニック・「しゃくり」

しゃくりは次の音程にいく際、少し低い音程から滑らかにその音につなげるテクニックです。
意識してできるようになると、曲全体が滑らかになり上手に聴こえます。

低い音から高い音に行くときは、意識してみましょう。

カラオケテクニック・「フォール」

フレーズの最後の音を少しだけ落とすことで、余韻を生むことができるテクニックです。

落とす際は急激に落とすのではなく、ほんの少しだけ低く、滑らかに落とし一歩引くように歌うことを意識してみると簡単に歌うことができます。

カラオケテクニック・「がなり」

先述のエッジボイスとも似ていますが、ガラガラ声で歌うテクニックです。

歌い始め、終わりに使われることが多いですね。
イメージとしては、咳が出る寸前の声です。比較的難しいテクニックです。

カラオケテクニック・「ドロップ」

舌を上あごにつけ、その瞬間に鼻から息を吹き込んで、その息を口に戻して出すことで、脱力感のある発声をする高等テクニックです。
めっちゃ難しいです。

カラオケテクニック・「ヒ―カップ唱法」

フレーズ内でほんの一瞬裏声で高い音を出すことで、曲に抑揚と勢いを持たせるテクニックです。

フレーズの途中で用いる場合、難易度が上がります。

無料体験で歌がうまくなるボイトレは【ミオンライン】

まとめ

これらのテクニックは、全部使えればもちろんいいですが、一番大切なのは適材適所で用いることです。

闇雲にやっても上手くは聴こえません。

自分の歌いたい曲と照らし合わせて、必要なテクニックを練習することをおススメいたします。

では、出来るとこからはじめて見てください。

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-コンプレックス
-, , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.