カラオケで高得点続出のためのコツ6つを徹底解説いたします!

コンプレックス

カラオケで誰でも使える!マル秘・超得点アップ裏技 おすすめ6選!

お困りくん
カラオケってうまくいかないな~!
得点がイマイチ伸びない…
でも練習するのはめんどくさいし…
何かいい方法があればいいのにね~?
うまく歌えるようになると惚れ直しちゃうかも…(笑)
ばっちりさん

という皆さん必見のカラオケですぐ実践できる,誰でも得点UPが期待できる裏技をまとめました!

これを使えば90点台も夢じゃない!?
そして、憧れのあの子の視線が……

話を戻します。

この記事でわかること

*とにかくカラオケで高得点を出すためのコツがわかる!

それでは早速、歌うまに向けて進めていきましょう!

カラオケ得点アップ裏技① ガイドメロディの音量をMAXにしよう

カラオケで最も重要なのは音程です。

どんなに感情がこもっていようが、ビブラートが多かろうが、音程が合っていなければ得点は壊滅的になってしまうでしょう。

その音程を矯正してくれるのがこのガイドメロディです。

カラオケにおいて、正解の音程はガイドメロディの音程なので、これを大音量で流すことにより、音程を合わせやすくなります。
これは音痴な人や、うろ覚えの曲を歌う人に対して、非常に効果が期待できます。

注意ポイント

■ガイドメロディを大きくすると音程を合わせやすくなる!

カラオケ得点アップ裏技② エコ-を小さくしよう

カラオケ

エコーをかけるとプロの歌手っぽくなりますよね。

でも実はここが落とし穴なのです。

エコーをかけると自分の声が反響して、音程をとれなくなる原因となってしまいます。

得点UPのために一回思い切ってエコーレベルを0にしてみると、自分の声がよく聞こえてより正確な音程をとることができるようになります!

注意ポイント

■エコーレベルを0にすると正確に音程をとることができる!

カラオケ得点アップ裏技③ 抑揚を意識しよう

カラオケ

音程が取れたら次は表現力です。

表現力は、「こぶし」「しゃくり」「フォール」「抑揚」という風に分けられますが、この中でダントツで重要なのが抑揚なのです。

抑揚は、曲の中で音量に強弱をつけることです。

要するに静かなところは小さい声で、盛り上がるところは大きな声で歌いましょうということです。

この抑揚を簡単につける方法があります。
それはマイクの距離で抑揚をつける方法です。

単純に口とマイクの距離が離れることで、自動的に音量が大きくなったり小さくなったりするので、簡単に抑揚をつけることができます。

オススメはサビの時にマイクを近づけて、それ以外のときは少し遠ざけておくことです。

サビが近くになるにつれてマイクを近づけるように意識すると、曲全体にメリハリが出て点数も伸びやすくなります。

注意ポイント

■抑揚を意識する
■マイクの距離で抑揚をコントロールする

カラオケ得点アップ裏技④ リップロールとタングロールをしよう

カラオケ

高音域が出にくいという人にとってもオススメなのが、このリップロールとタングロールです。

リップロールというのは唇を前に出して底から大きく息を吐き「ぶるるるるるるるるるるるるる」という声を出すこと。

タングロールは電話の音といえば分かりやすいでしょうか。
「たらららららららららららら」と巻き舌気味で声を出すことですね。

これに何の意味があるのかというと、この2つの運動は、言わば喉の筋肉の準備運動のような役割をしてくれます。

高い声が出ない原因は喉の筋肉の固まりが原因です。

この2つの動きはそんな固まった喉の筋肉をほぐしてくれるのです。

今流行っている「official髭男dism」や「King Gnu」などのハイトーンボイスのボーカルの曲を歌うのであれば、だいたい10分前くらいにやるのが効果的です。

今まで出すことのできなかった音が案外さらっと出るようになるので、男女関わらずとってもオススメです。

注意ポイント

■リップロールとタングロールでのどの筋肉をほぐすと出にくい高音も克服できる。

カラオケ得点アップ裏技⑤ リズムの取り方を工夫しよう

カラオケ

最近はリズムが速い曲やリズムがとりにくい曲が増えてきましたね。

みなさんはどうやってリズムを取っているでしょうか?
多分手拍子や足でリズムをとっている方がほとんどだと思います。

ですがカラオケにおいて正しいリズムの取り方があるのです。

それが手拍子を次の拍のギリギリまで離さないようにすることです。

文章だけで伝えるのは難しいですが、普通の手拍子は手を叩いた瞬間にすぐに手を放して次の手拍子の準備をするのが一般的です。

しかしこれだと準備をしている間にどうしてもわずかなリズムのズレが生じてしまい、それが何回も繰り返されることで結果としてリズムを大きく狂わせてしまうことにつながっていくのです。

この手をギリギリまで離さない手拍子は手を叩く瞬間だけでなく、手を離す瞬間にもリズムをとることができるのです。

普通の手拍子よりも圧倒的にリズムを摂りやすくなります。

これは片手でも、足でも同じことができます。
なお足でとる時にはかかとでリズムを取るのがおすすめです。

注意ポイント

■リズムをとる手拍子は手をギリギリまで離さないようにするとリズムがとりやすい。

カラオケ得点アップ裏技⑥ ビブラートは1秒以上だそう

カラオケ

最後のビブラートのことは結構知らない方もいると思います。

実はビブラートというのは、1秒以上出さないと評価対象にはならないのです!

これは一回の発生で1秒というわけではなく、1曲の中で合計1秒出す必要があるということです。
これを怠るとビブラートの点数は0になってしまうので注意が必要です。

サビのラストなど伸ばして違和感のない箇所で、無理のない程度にビブラートを意識してみましょう。

注意ポイント

■ビブラートは1曲の中で合計1秒を違和感のないサビの部分で使うのがおすすめ!

カラオケ得点アップ術6選・まとめ

今回のカラオケ得点アップ術は確実に得点がアップする方法は実践済みですので皆さんもお試しください。

ただ、「歌が上手い」と「カラオケが上手い」というのは別物です。
ですが一種の歌の楽しみ方として、今回はカラオケの得点UPの方法をいくつか紹介しました。

最後にもう一度おさらいです。

最強のカラオケ得点アップのコツ

・ガイドメロディは音量MAX

・エコーは最小限に

・抑揚は超大事!

・リップロールとタングロールで喉をほぐす

・手拍子はギリギリまで手を離さない

・ビブラートは1秒以上

これは一朝一夕でできるテクニックばかりですが、日々の練習からさらに安定感が増すことで、よりカラオケが上手くなります。

今回ご紹介した6つのテックニック を定着させたら、つぎは本格的にカラオケの練習をすれあなたはステージを独占出来ます(笑)

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-コンプレックス
-, , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.