婚活でお断りするときに困った経験はありますか?断り方を解説します。

LIFE

婚活の悩み!お付き合いを「お断り」するときに使える「断り方」解説

婚活の悩み

真剣に「婚活」をすればするほど問題になってくるのが「お断り」の仕方。

はじめは「この人すごくいい感じ!」と思っても、何度か会っているうちに「ちょっと違うかも…」って感じてしますことがあります。

その時にはお断りするのですが、困るのがその「断り方」です。

この記事では、そんな時に使える断り方を解説していきます。

この記事でわかること!

  1. 断り方が大事な理由
  2. すぐに使える断り方の具体的例文
  3. 断り方でやってはいけないこと

それでは、早速始めましょう!
まずは「断り方」が大事な理由から説明します。

【婚活】断ることも大事な理由と断るためのポイント

婚活の悩み

真剣に結婚相手を探しているので、運命の人に巡り合えたと思ってアタックしてくる人がいます。

それは当然のことなのですが、問題はその人があなたの思う相手と違うと思ったとき…。

熱心で誠実な真面目な人なんだけど…、高学歴・高収入だけどちょっと上から目線の人…

この様に最後の「結婚」に踏み切れない理由がどこかにあると思います。

いずれにせよ、最終目的の結婚にならない選択をした場合は「お断り」をしないといけません。

そこで「断り方」が大事な理由を説明いたします。

婚活では「断ることは悪いことではない」

断ることを「相手に悪い」と思ってしまう人もいますがそうではありません。
できるだけ理想の結婚を探しているのですからそうでない場合は「断る」ことになります。

婚活での「お断り」は当たり前のものとして受け止めましょう。
逆に言うと断られることもあるということです。

進め方によっては断ることは相手にとっても自分にとっても良い結果となりますので
断ることを理解して婚活をしていきましょう。

因みに最悪なのが、音信不通とか着信拒否などの対応です。
みなさんはやらないと思いますが…。

婚活で断り方の大事なポイント

①断るのであれば早めに!

これには理由があります。
断られた相手の方も、一区切りつけることができれば次に早く進むことができるからです。

逆の立場で考えると「もっと早く言ってくれれば良かったのに~!」ってなりますのでお互いのために早めに伝えることがポイントです。

判断の基準としては、2回目くらいのデートまでもしくは長くても3回目までくらいで判断するのが、自分にとっても相手にとっても良いタイミングだと思います。

②伝える方法

これは、会った回数や二人の関係性によって変わりますので注意が必要です。
まだ会う前の人や1回会っただけとかだとメールなどで済ませることもOKです。
まだ、はじまる前の段階なので手軽にお断りできる方法で構いません。

問題はそれ以上の関係性の場合です。
数回会ってみて「どうしても違う」と思った場合はメールや電話では失礼に当たるので直接お会いして伝えるようにした方が賢明です。

但し、相手によっては会ってお話するのが難しい人もいますのでよく伝え方を考えて行動しましょう。

注意ポイント

  1. できるだけ早めに!
  2. メールか直接会って伝えるかは二人の関係性で変わる
  3. 明確に伝わるように!

成婚率50.8%!専属スタッフの手厚いサポートで婚約まで導く結婚相談所【IBJメンバーズ】

【婚活】お断りできる「タイプ別」例文集

婚活

メールやラインで伝える場合とこの例文を直接伝えることも可能です。
先ほども言いましたが、数回会ったことがある方には直接お会いして伝えることがおすすめです。

婚活例文:これから会うお誘いがあった人への「お断り」

はじめて会う人や会う予定の人に向けての文面です。

直接、会う前に相手のプロフィールやメールのやり取りなどで判断した時に使用します。

「こんにちは。今日は私をお誘い頂きありがとうございました。

やり取りしていても楽しく、きっと周りの皆さんからも好感を持たれる良い方だと思いました。

ただ、結婚に関しての価値観には違いを感じてしまい、お会いすることはできないと思っています。

せっかくお声を掛けて頂いたのに本当に申し訳ございません。

〇〇様にもっと素敵な方との出会いがあることを心より祈っております。」

婚活例文:会ったことのある人への「お断り」

会ったことがある人には、感謝も述べつつこれ以上会うことができない理由をはっきりと伝えましょう。

中途半端な言い回しではなくはきっりと伝えるようにすることが大事です。

「○○さん、昨日はおいしいごはんに連れて行ってくくださいましてありがとうございました。

この数週間、すごく楽しく過ごすことができたのは○○さんのおかげです。
本当にありがとうございます。

ただ、私が今思っていることを正直に話させて頂きますと、〇〇さんとは結婚観が違うので結婚は難しいと思っています。
ですので、これ以上お会いすることが出来ません。

一方的な言い方で本当に申し訳ございません。

今回、私はもっと自分を見つめなおす時間を取ってじっくり自分と向き合いたいと思っています。

きっと○○さんには素敵なお相手が見つかると思います。

今までありがとうございました。
それでは失礼いたします。」

婚活例文:相手から交際を申し込まれてしまったときの「お断り」

ここまで来ると、メールだけで「お断り」は難しいので実際に会って伝えることになる場合が想定されます。

会って話すので、余程しっかりと意志を持っていないと情に流されてはっきりと相手に伝わらないことになるので注意が必要です。

ポイント

「○○さんいつもありがとうございます。

〇〇さんと会っている時はすごく楽しく時間が過ぎるのが早い感じです。
すごく楽しいのですが、昨晩将来のことについて私なりに考えてみました。

結論を申し上げますと○○さんと結婚して家庭を築くということがイメージすることができず、
これは結婚だけでなく他の価値観も少し違っていることからくるものだと思いました。

○○さんは本当にやさしくて真面目で言い方だと思います。
しかし、これからもこのようなお付き合いをすることは私にはできません。

本当に申し訳ございません。

きっと○○さんにはもっといい人が見つかると思います。
今回はお断りさせて頂きたいと思います。」


【婚活】これだけはやってはいけない断り方3つのポイント

婚活の悩み

断りたいからと言って伝え方を間違えると相手に失礼に当たりますので下記のポイントには注意が必要です。

注意ポイント

  1. 不満をぶつける
  2. はっきりしない言い方
  3. ウソを言う

上記3つは絶対にやらないようにしてください。
相手も真剣なのですから「お断り」する際もある程度の誠意を感じられるように対応しましょう。

男性成婚率90%の結婚相談所【エルアージュ】

【婚活】使える断り方・まとめ

婚活する際に、必ず直面する「お断り」についてまとめてみました。

  1. 断ることも大事
  2. 断る際のポイント
  3. 断る時の例文
  4. 断る時にやってはいけないこと

もし、このような場面になるようなことがありましたら読み返して予習してから臨んでください。

WORK-LIFE-HAPPY TAKUZOでした。

  • この記事を書いた人

TAKUZO

「無職ブロガー」のTAKUZOです。 悩める中高年が、楽しく生きることが出来るための役立ち情報を発信中。 【経歴】 出身地・かつて日本の中心地➡バイトをやらせたら超一流な某三流大学を卒業➡某一流大手企業に就職➡半年で退職➡地方の中小企業で約30年勤務(もちろんブラック)➡この春退職➡無職ブロガー(笑) ●現場はもちろん、人材育成、店舗開発、人事、総務、金融機関対応、営業企画など、とにかく会社運営にかかわることは一通りすべて経験済み。 【趣味】 映画鑑賞(年間最高220本)、料理、読書、家飲み

おすすめ記事はこちら

50代のブログはじめ 1

CONTENTS 50代からのブログをおススメする前に50代からブログをはじめる!おすすめポイント3つ50代でもブログはすぐに始めることが出来る【簡単】50代でも出来る!ブログ開設までの流れまずはお金 ...

40代無職男性 2

大抵の場合、周りからは「あの人、どうやって生きていくの?」ってそういう目で見られます。 でも本人にはそれ相応の理由があって無職の状態になっています。 今は「どうしても働きたくない」もしくは「どうしても ...

無職生活バナー 3

何かと不自由な無職生活… 収入がないけど、そんな中でも楽しく過ごしたい… そんな気持ちになるのは人間なので当然ですよ!ってことで 無職でかなり制約された生活を送っているかとは思います。 ここで、たまに ...

-LIFE
-, , ,

Copyright© TAKUZO.BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.